happymayalife’s diary

少しでも楽しく前向きに!

MENU

セキセイインコの足の温度もチェック!ふくらんでいるかがわからない・・・

こんにちは。まっぴよです。

 

セキセイインコがボワッとしていても、寒いかどうかわからない・・・というのは、よくあることだと思います。

f:id:happymayalife:20211005120712j:image

ふくらんでいたと思っていたら、シュッとなってたりすることはよくありますよね。

今回は、ふくらみや保温についてのちょっとした情報を載せています。

 

足をさわってみよう!

そんなときは、くちばしや足の温度をチェックするといいようです!!

くちばしはあまりわかりませんが、足の温度はわかりやすいです。

ボワッとしていて、足が冷たくなっていたら、寒がっている可能性が高いです。

保温してあげましょう。

もし、足が温かかったら、眠くてふくらんでいるのかもしれません。

保温の合図は、寒くてふくらんでいるとき?

「寒くなってきたから。」「室温が低いから。」

こういった理由で、鳥さんも寒くないようにケージを保温する方は多いと思います。

大事な愛鳥が調子をくずさないようにしたいのは、当たり前のことです。

 

しかし、ケージを保温するポイントは室温ではないようです。

鳥さんが、寒がっているかどうか。です。

そのためにも、鳥さんからの「寒いよ」メッセージを正しく受け取らなければなりません。

 

まっぴよもついつい心配で、すぐに温めてしまうのですが、発情しやすくなるだけでなく、ちょっとした温度差にも弱くなってしまうそうです。

気をつけないといけません・・・

足を温めてみる?

なんと鳥さん用に、ヒーターが付いた止まり木なども販売されているようです。

私たち人間と同じく、鳥さんも足元から身体全体を温めることができるのでしょうか。

 

足元がポカポカすると気持ちいいんだろうな。とは思うのですが、鳥さんによっては、この止まり木の上で寝てしまい、そのまま低温やけどをすることもあるそうです。

使う場合は、じゅうぶん注意してあげる必要があるようです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

鳥さんの合図を正しく理解して、正しい保温をしてあげたいですね。