mappiyo’s diary

mappiyo’s diary

気楽にすごしたい・・・

MENU

鳥さんの羽と抜かないといけない場合には?

こんにちは、まっぴよです。

愛鳥さんとの生活、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

いつも思うんですよねぇ・・・

この下の方でピロンッてなって抜けそうな羽根、抜きたいです・・・

 

 

しかし、余計なお世話だろうと放っておいたところ、抜けてしまっていたようです。

 

この羽根ではなさそうですが・・・

鳥さんの羽根の軸って太いし、かたいですよね。

 

 

鳥さんの身体に刺さってしまうと、出血してしまいますよね。

人間の足でも流血してしまいそうです。

 

たまに、何らかのトラブルで、新しく生えてきた羽根が途中で折れてしまうと、出血することがあるそうです。

鳥さんの場合は、ちょっとの出血量でも命取りになるというので、怖いです。

 

この出血の原因は、血管が通っている羽軸(うじく)が折れてしまうからだそうです。

 

羽軸といわれても、よくわからないので、こちらのカラスさんの写真をお借りしました。

 

カラスの風切羽

出典:風切羽の構造

 

鳥さんの羽根の部分って、こんな名前があったのですね。

そして、羽軸とは、羽弁がある中心の軸なんですね。

こんなところまで、血管が通っているとは・・・

見た目にはわからないので、注意してあげたいです。

 

もし、出血したら??

折れた羽根を抜かないといけないようです。

 

でも、ちゃんと抜けるものなのでしょうか?

 

① 頑張って抜く

→ 助かる

 

② 躊躇する

→ 出血のため命が危険!

 

この2択しかなければ、

迷わず、頑張って抜くしかないでしょう。

ドキドキしますが、腹をくくるしかありません。

 

そうすると、羽根を一発で抜き取ることができる毛抜きが必要ですよね。

抜きたい羽根をつかみそこねたり、つかんでも滑ってしまうような毛抜きでは、鳥さんを余計に苦しませてしまいます

 

先端が丸くなっていたり、細くなっているものは、いいように思うのですが、ガッチリつかめるものの方がいいかもしれません。

こちらの毛抜きでは、抜きたい羽根をしっかりつかむことができそうです。

 

 

まっぴよも白髪をぬいたり、眉毛をぬいたりして、来たる日に備えて練習しております。

 

全くの余談ですが・・・

鳥の「はね」。つばさという意味なら「羽」ですが、バラバラになったものは「羽根」と書きます。

出典:その「はね」は? 「羽」と「羽根」の使い分け – 毎日ことばplus

 

知りませんでした。

なので、いっぱい間違えているかもしれません。

申し訳ありません。

 

ありがとうございました。