happymayalife’s diary

少しでも楽しく前向きに!

MENU

セキセイインコが日光浴しなかったらどうなる?死んでしまうの?

こんにちは、まっぴよです。

愛鳥との生活、いかがお過ごしですか。

 

今回のテーマは、鳥さんの日光浴です。

f:id:happymayalife:20210624131253j:plain

鳥さんに日光浴は、絶対に必要か?しなかったら死んでしまうのか?

答えは、NOでしょう。

もちろん、日光浴をした方が鳥さんの健康にもいいのですが、日光浴をしなかったからといって死んでしまうことはないと思います。

 

ただ、日光浴の代わりに食事の方で、しっかりとカルシウムを補う必要があるかもしれません。特に、シード食の鳥さんは不足しがちなので、注意しましょう。

カルシウムが不足すると、骨折したり、卵詰まりのようなトラブルが起こりやすくなります。

 

逆に日光浴をすれば、絶対に大丈夫か?といえば、そういうわけでもありません。

しかし、おやすみカバーをかけっぱなしで、開けることもしない。というのは、さすがに問題です。

せめて、光が当たる明るい部屋に、鳥さんのケージを置いてあげてください。

なぜ、日光浴が必要なのか?

f:id:happymayalife:20211206145021j:plain

サプリメントやペレットで、カルシウムが補えるのであれば、日光浴はしなくていい。と考える方もいるでしょう。

しかし、実際には、できれば日光浴はさせてあげた方がいいのです。

それは、なぜでしょう。

 

体内時計をリセットする。気分転換のため。というのはよく聞く話ですが、おそらく、鳥さんの心の病気を予防するのに必要なのです。

鳥さんはとてもデリケートな生き物なので、人間と同じく心を病んでしまうことがあります。

ひとりぼっちで寂しくてたまらない・・・1羽飼いの鳥さんに多い問題です。(とはいえ、2羽飼っても鳥さん同士が仲良くなるかと、そうともいえないところが難しいです。)

この場合の有名な症状としては、毛引きが挙げられます。もし、毛引きをしている様子がうかがえたら、注意が必要です。

f:id:happymayalife:20211201163008j:plain

そんな鳥さんにとっても、ストレスを軽減できる方法のひとつが日光浴なのです。

私たち人間も、部屋にずっといると気持ちが滅入ってしまいますよね。そんなときに、外に出ると気分転換できることがあります。鳥さんも同じです。

うつ病を経験された方ならわかると思いますが、一度心を病んでしまうと、なかなか治らないものです。

鳥さんも人間も予防が一番!

室内でも問題ないので(ロストの危険性も少ないですし)、たまには太陽の光を一緒に浴びてはいかがでしょうか。

 

よければ、こちらの記事もごらんください。

happymayalife.hatenablog.com