mappiyo’s diary

mappiyo’s diary

好きなことをやって少しでも楽しく(⌒∇⌒)

MENU

いつまでも眠い場合は、お風呂に入ってみよう!

こんにちは、まっぴよです。

みなさん、いかがお過ごしですか?

 

みなさんは、こんなことありませんか?

  • 寝不足ではないのに、ひたすら眠い。
  • ダラダラして一日を過ごしてしまう。

夕方、一日が終わるころ、ちょっと後悔してしまうこともしばしばです。

そこで、今回は、体をシャキッとさせる方法の1つとして、お風呂を取り上げてみました。

 

なぜ、いつまでも眠くてだるいのか?

f:id:happymayalife:20220107134301j:plain

いつまでも眠い状態が続くのは、副交感神経から交感神経にうまく切り替わらないのが1つの原因のようです。

体がリラックス状態のままで、活動をする準備ができていないようです。

お風呂でシャキッとスイッチを!

f:id:happymayalife:20210424133124j:plain

まっぴよは、眠くてしんどい時、お風呂に入るようにしています。もちろん、暇なときです。(そもそも、忙しいときは眠いとかしんどいとか言ってられませんけどね)

正直、面倒ですが、入った後には気分転換もできて元気になるので、頑張ってお風呂の準備をします。

42℃ぐらいの少し熱めのお湯がいいかもしれません。湯船につかると目が覚めます。

気をつけること

お風呂が気持ちいいからといって、ぬるめのお風呂での長湯はダメです。出たときは、気持ちいいのですが、かえってボーッとしたりします。

おすすめの入浴剤は?

体を目覚めさせるには、香りつきのものがいいようです。

たとえば、白元アースのHERSバスラボ フローラルアロマアソートがおすすめです。

はじめて使ったときは、香りが強くて少し驚きましたが、目を覚ますには効果がありそうです。

しかし、香りがなくとも、熱いお湯に入るだけで目が覚めるので、気分次第で好きな入浴剤を入れています。

時間がない方は、シャワーでOK!

「朝からお風呂なんか入っている時間がないわ!」という方は、熱めのシャワーでOKです。体が目覚めていくのを実感できます。

夜のお風呂も大事!

f:id:happymayalife:20211103124340j:plain

朝風呂が習慣になってくると、夜にお風呂に入らなくてもいい気がしてきます。

しかし、朝と夜ではお風呂に入る目的が違います。

今回の場合ですと、朝風呂は目を覚ますためで、疲れをとるためではありません。それに、入らないといけないわけでもありません。

しっかり眠るためにも、夜にお風呂を入って一日の疲れを取ってください。

さいごに

いかがだったでしょうか。

いつまでも眠いのはヤル気の問題だと思っていましたが、もっとデリケートな問題が原因かもしれません。

ひとまず、熱いお風呂でリフレッシュして、一日を乗り切りましょう!

 

ご訪問ありがとうございました。