happymayalife’s diary

少しでも楽しく前向きに!

MENU

オイルパックにリバースケア、メリットいっぱいのヘアオイルできれいな髪をめざそう!

こんにちは。まっぴよです!

美しい髪って、憧れますよね・・・

f:id:happymayalife:20210702103000j:plain

今回は、オイルの使い方のご紹介です。

 

みなさんは、オイルをどんなふうに使ってますか?

ドライヤーで乾かす前につけるだけじゃ、もったいない!

ワンランク上のお手入れをご紹介します。

よければ、参考にしてくださいね。

 

オイルのメリット

(今さらかもしれませんが、おさらいを。)

オイルには、保湿効果があり、パサついた髪の毛にうるおいをあたえてくれます。

そのおかげで、髪の毛がまとまりやすくなります。

また、オイルでコーティングすることにより、髪の毛にツヤがでます。

それに、ドライヤーやコテなどの熱からも守ってくれますし、髪の毛にオイルをつけておくことで、熱からのダメージを予防することもできます。

朝につけると、ブラッシングによる摩擦を防いでくれますし、紫外線からのダメージを減らせてくれます。

オイルは家にあるものでもいいの?

料理に使うオイルは使わない方がいいです。

食用と美容用では、オイルの作られ方が違います。
トラブルを避けるためにも、美容用のオイルを用意しましょう。

オイルつけかたOnePointアドバイス

最初に、ブラシでとかしましょう。とかさずにオイルをつけることはNGです。

髪の毛の内側から、手ぐしをしながら馴染ませるようにつけましょう。

頭の上からつけるのではなく、髪の半分から下につけます。

また、オイルは手のひらでよくのばしてから付けましょう。

つけすぎは、べたつく原因になります。

オイルパックの方法とは?

まず、下準備から始めます。
ブラシを使って、髪の毛のもつれをとります。

オイルは、髪の毛全体につけるのではなく、地肌にもみこむようにつけるのがベストです。

マッサージ効果があるため、地肌の血流もよくなり、元気な髪の毛がはえてくるでしょう。

そして、全体にオイルがいきわたったら、ひとつにまとめて、しばらく待ちましょう。

蒸しタオルやシャワーキャップなどで巻くのも効果的です。

お風呂にはいったり、身体を洗って待つのがいいかもしれませんね。

浴室は身体が温まり、オイルが浸透しやすくなります。

そのあと、シャンプーでしっかり洗って、いつもどおりのケアをしましょう。

オイルスプレーを作ってみよう!

f:id:happymayalife:20210702133057j:image

お手持ちのオイルに精製水を加えるだけです!

オイルスプレー50㏄(オイル5cc、精製水45cc)が作りやすいですね。

オイルが小さじ1、精製水が大さじ3です。

一度にたくさん作りたい気持ちはわかるのですが、日持ちがしないので少量ずつ作りましょう。

また、オイルと水は混ざらないので、使うときは必ず振ってから使ってください。

水道水じゃダメ?

オイルスプレーはお肌にも触れるため、塩素などが含まれる水道水は使わない方がいいです。

 

精製水はどこに売ってるの?

ホームセンターやドラッグストア、100円均一ショップ、インターネット販売サイトで売っています。

精製水といっても全部同じではなく、コンタクトの洗浄用、手作り化粧水のベース用など、用途ごとに異なります

また、消費期限もあるので、しっかりチェックしてから、購入してください。

まっぴよは、朝、髪の毛が絡まりやすいので、寝ぐせ直しウォーターに混ぜています。

ブラシが通りやすくなるだけでなく、髪の毛もまとまりやすくなるように思います。

みなさんも、試してみてくださいね。

オイルからスタート?リバースケアとは?

 ダメージがかなり進んでしまった髪におススメです。

一般的には、

  1. シャンプーをする。
  2. トリートメントをする。
  3. タオルで髪の毛を拭く。
  4. オイルをつける。 

ですよね?

この順番を逆にするのです。

  1. 乾いた髪にオイルをつける。
  2. トリートメントをする。
  3. シャンプーをする。

「えーっ?!」と思った方もいるでしょう。

もちろん、まっぴよも「!!」という感じでした。

しかし、ものは試し。

実際にやってみると、洗い上がりはサラッとして嬉しくなりました。

 

まっぴよの場合は、こんな順番でリバースケアをしてみました。

  1. オイル
  2. ヘアマスク
  3. オールインワンシャンプー

 いつもパッとしない髪の毛がツヤツヤになりました!

 週一回なら、できそうですよね。

オイルを普段から使おう!

「オイル」と聞くと、ベタベタするイメージがあるため、敬遠する方も多いでしょう。

ですが、オイルにはメリットがいっぱい!!

是非、スタイリング剤として普段使いされることをおススメします。

さいごに

いかがだったでしょうか。

気軽にオイルを取り入れて、美しい髪をめざしたいですね。